化 物語 スロット カスタム

化 物語 スロット カスタム

 そして、協力してくれる人達の言葉を思い出す

 ――私達は好きでやっているのです

あなたも好きかも:パチンコ バカの集まり
こんな大事業に関われるだけで嬉しいのに、お金は受け取れません

あなたも好きかも:エヴァ9 ラウンド中 スロット
 最初に食料などを持ってきた人に、お金を払おうとしたときに言われた言葉だ

 それから先、レーハフをはじめ、皆が皆、同じような事を言っていた

 これは世界の人達の為では無い

あなたも好きかも:スロット 1時間 回転
オレ達……いやオレが自分のエゴではじめたことで、全て自分達だけの為の話だ

 それでも、皆が笑って協力してくれている

「絶対に成功させなきゃね

それから……皆に恩返ししたいよね」 山の麓にいる10台は軽く超える馬車の集団が見えた頃、ミズキがオレを見ていった

 まるで考えている事を見透かしているかのように、彼女の言葉が聞こえた

「まったくだ

絶対に、成功させて、恩返しもしなきゃな」 ミズキに、オレはことさらはっきりとした声で答えた

普段は武器として使う長尺の杖を支えとして歩いていた

 人々がごった返す王都の路地を仲間たちと進む

痺れた片足が少しだけ厄介だが、気は楽だった