スロット まどマギ叛逆 中段チェリー

スロット まどマギ叛逆 中段チェリー

 師団は21から20日に掛けて要塞包囲線北部後方に到着します

その後備第1旅団はレクステット、ゾウフェルヴァイヤースハイム、ファンデンハイム、ランペルトハイムに分散して宿営し、後備第2旅団はディングスハイム(ミットアウスベルジャンの北西2.5キロ)周辺からサヴェルヌ街道(現国道D41号線)沿いの諸部落に宿営しました

 ハノーファーの北東地方で警戒任務に就いていたフォン・ロエン中将率いる後備近衛師団は、10日の攻囲軍配属命令後、順次出立準備を進め、8月16日に各宿営地の停車場で列車に乗せられ、カールスルーエに向かいました

しかし先発隊の列車がカールスルーエに到着した時にはまだ、攻囲軍本営からの前進命令が届いていません

そのため、各輸送列車は将兵を乗せたまま独断でラシュタットへ進み、ここで師団将兵を下車させます

あなたも好きかも:歌舞伎町 k スロット
程なく命令が届き、同師団は後備第1師団に続いてプリッタードルフの橋梁を渡り、23から24日に掛けて予備第1師団の右翼(西)、フルティクハイム(ディングスハイムの西南西6キロ)とハントシュハイム(フルティクハイムの南西1.5キロ)周辺、パリへの街道(現国道D228号線)沿いの諸部落に宿営するのでした

 これによって8月24日よりのストラスブールの包囲線分担は、大まかに要塞南方のイル川東岸からオーバーシャエッフォルスハイム付近までの部分をBa師団、その北西イッテンハイム付近からアウスベルジャン高地西麓後方までを後備近衛師団、その東側から要塞北正面とライン川岸(ローベルゾ地区)までが予備第1師団の任担となりました

 この包囲線の完成以前、ムンドルスハイムの攻囲軍本営ではヴェルダー将軍が要塞に対し本格的な攻撃を開始する命令を発し、この攻撃方法を巡って本営幕僚の間で激しい議論となっていました

 攻囲「指導」のため、独第三軍本営から派遣されていた軍工兵部長のシュルツ少将らは「攻撃当初から正攻法で事に当たるべき(対壕や坑道を掘り進めて要塞に近付き、堡塁を占領して隔壁を爆破または崩壊させる等の古典的攻城法)」を主張し、若いフォン・レシュツィンスキー攻囲軍参謀長らは「まず市街地を砲撃して要塞の士気を挫くべき」として真っ向から対立するのです

 それまでに集まった諜報を含む情報では、「ストラスブール市民と守備兵の士気はかなり低い」とのことであり、レシュツィンスキーらはこの点から「逃げ場のない絶望的な砲撃を受ければ、敵は比較的短期間で屈する」と信じたのでした

 更に要塞内から逃げ出した難民の供述では「要塞市内の義勇兵部隊は既に解散し、護国軍部隊も士気は地に落ちており、仏軍正規兵は5,000人を超えない規模で軍紀も弛緩している」とのことでした

あなたも好きかも:野獣先輩 ブラックジャック
 「これまでは小口径野砲による小規模な砲撃だったため、要塞市内は例外を除いて大した損害を受けてはおらず、もし砲兵を可能な限り前進させて家屋が密集する地区に焼夷弾の集中砲撃を加えれば、守備隊でも士気の落ちている兵士たちは萎縮して勤務を放棄し、市民も防衛司令官に対して開城を迫るに違いない」 レシュツィンスキーらはこう主張して譲らなかったのです

あなたも好きかも:パチンコ ダイナム cm
 ヴェルダー将軍もまた、大局的な見地に立って判断を迫られていました

 この時(8月20日頃)は既にメッスの攻囲が始まっており、普皇太子の第三軍は首都パリへ進もうかと言う情勢です

ストラスブールがいくら重要な要塞であっても戦争全体からすれば第二線の戦いであり、ヴェルダー将軍が掌握する4万の歩兵は、要塞の包囲等ではなく野戦における決戦に使用した方が遙かに有益であることは間違いの無いところでした

 要塞の仏軍は既に19日、無防備のケール市街地を砲撃しており、レシュツィンスキーの主張する市街地への砲撃も国際法規上「行って構わない行動」と捉えて構わない様にも思えます(何しろ敵の司令官が、「防備施設に隣接する市街が砲撃されるのは仕方がない」と言っているのです)