ルーレット 本

ルーレット 本

「美射ぱいせーん、見とるかー

たっくんの身体が 何かに乗っ取られはじめとるでー!」タガグロが天井を見上げて、声をかけるが美射は出てこないし、応答も無い

しばらく途方にくれて、カプセルの窓から見える俺の体を見つめる

あなたも好きかも:戦乙女 パチスロ
モモカはずっと顔を真っ赤にして座り込んだままだ

「美射、マガノ、ロ神でも誰でもいい……」見てるなら出てきてくれ

あなたも好きかも:変更届 パチンコ 設備
「心配でパーティーどころじゃなくなったんやけど……」"おじさんもさすがに心配になってきたぞ……"「ご主人様ぁ……しゅきぃ……」モモカは座り込んだまま自分の身体をいじりだしたのでタガグロと止めに入ろうと、俺たちが触ると「はぁあん……」悩ましげな吐息を出して、モモカは気絶した

あなたも好きかも:g1 優駿倶楽部 パチンコ 潜伏 期待値
「……この子からも、事情を聞く必要がありそうやな」「だな……何か関係ありそうだ」モモカを介抱していると部屋へと、機長のマカエルと共に、なんとメイド服姿のマイカが入ってきた

「……事情は聞かせて……貰った……人類は……絶滅する……」「マイちゃん……久しぶりなのに悪いけど 今、その冗談、洒落にならんからやめてやぁ」「……めんご……めんご……」謝るマイカの横でマカエルが「ちょうど、操縦室で意見交換をしている最中に 異常を確認したので、駆けつけさせてもらいました」「助かります……詳しい説明はパンタクローに訊いてください」"おれ?おいおい、口も開かない重傷の病人だぜ?ちっ、しゃあねえなあ……"パンタクローは嫌がっているふりをしつつ二人に、自分が何を感じて、聞いていたか嬉々として念話で語りだす

しばらく、その話を聞いた後にマイカは培養液に浮かんでいる俺の身体をマジマジと眺めて「……ふむ……やばいな……侵食が……そんなに……進んで……いたか……」「侵食?」「うむ……喰い込まれて……いる……」マイカは少女になった俺を気にするそぶりを見せない既に状況は完璧に把握しているらしい

「何が喰いこんどんの?」マイカは言ってもいいものかしばらく悩んだ後に「……平行世界だ……」「平行世界?」パラレルワールドとかのあれか?SFの話か何かで俺たちをからかっているのだろうか

そう言えば、似たようなことを自治区でも聞いたが俺はそこに関しては、話がぶっ飛びすぎていて正直信用していない

「うむ……敗北した……者たちが……こっちに……様々な形で…… 流れて……きている……」「さっぱり分からん