pulsar スロット 天井

pulsar スロット 天井

「神獣を決めるって、なんのこと?」「えっ!?」 考助の顔を見れば、本気で聞いていることはわかる

 そして、だからこそココロは驚きの表情になった

あなたも好きかも:羽山淳一 ブラックジャック
 そして、問いかけるような視線をシルヴィアへと向けた

 ココロから視線を向けられたシルヴィアは、当然自分の娘が何を言いたいのかわかっている

「いままでは特に必要がなかったから説明もしていませんよ?」「・・・・・・それでどうにかなっていたことの方が驚きなのですが・・・・・・」「コウスケさんですから」 たった一言ですべての説明を終えてしまったシルヴィアだったが、ココロもなにかを言おうとして口を開こうとしたもののすぐに閉じてしまった

あなたも好きかも:フリーダム スロット
 そして、二、三秒ほどなにかを考えるように首を傾けたあとに考助へと向き直った

「お父様、この世界の神々というのは、力のある存在ほど従える神獣がいます

あなたも好きかも:いそべ パチンコ
当然、三大神にもそれはいます」「・・・・・・それで?」 なんとなくココロの言いたいことがわかってきた考助だったが、間違っている可能性もあるので先を促した

「いままでお父様・・・・・・いえ、現人神には定まった神獣はいませんでした

ですが、これから先はそういった存在も必要になると思います」 現人神としての考助は、本当の意味での神殿を持たず、積極的に表に出てこようとはしてこなかった

 だが、百合之神宮ができて、これから先はそこに訪れる人が増えることも考えられる

 そうなってくる以上、やはり人々の求める信仰の上でいままで通りの定まった枠組みというのは非常に大事になってくる