カジノ・ロワイヤル1967 (吹替版)

カジノ・ロワイヤル1967 (吹替版)

シャドウって一人しかコピーできないわけだから コピーさせた時点でより強力な数人でボコって逆に身体乗っ取っちゃえば 殆ど老化しない新しい身体を手に入れられるってことだし」「もちろん、今は我らもそうされないために 慎重に戦いを挑むシチュエーションを選んでいますがね」「シャドウって物凄く怖い幽鬼だと思ってたんだけど そうか、使いようによっては、他種族にとっては便利なのか……」「もちろん、そんなことを考えたのは歴史上シンちゃんが初めてなんだけどね

 彼の父親に試したのもシンちゃんと、私たちが初めてだし で、その考えの基になったのがマイカちゃんの発想ね

あなたも好きかも:パチンコ パーティー
 彼女は存在が常に揺らいでいるので、シャドウがコピーできないと

 だからシャドウを使って、自分を増やすことが出来たの」「ふふ

幽鬼族最強だった我らが、マイカさんとシンタロウさんの悪知恵で 瞬く間に他の養分の地位まで没落したわけです」「シンタロウさんって凄かったんですね……」菅の子供で、アルナの父親である

ルーナムの親友でもあったはずだ

「まあね

あなたも好きかも:スロット 実機 5000円
色々あって死んじゃったけどね」ミシェルは遠い眼をする

「で、私に鉄砲玉になれとのことですが……」シャドウ菅は微笑みながら確認してくる

あなたも好きかも:ルパン 三世 パチンコ プレミア
「そうよ

まあ、死ぬまで戦わなくてもいいわよ

 シズカ姫の能力が分析できる程度頑張ってくれたらいいわ」「ふーむ……しかし、それでは私に何の益もありませんな」「極上の身体を盗んだ分、今返しなさいよ」「それはもう時効だと思うのですよ

ほら、お隣に 私のオリジナルより素晴らしい流れ人が座っているではありませんか」シャドウ菅は俺を興味深そうに見つめながら言う

「あんたねぇ

スガ君の何を知ってるっていうの……」ミシェルが額に血管浮きでさせて歯軋りしながら唸る

さあ?コピーさせて頂いた時点までの全てですかな」「……」今にも飛び掛りそうなミシェルに嫌な予感がしたので「戦闘になる前に、交換条件を早く言ってくれ」と焦りながら、彼を急かす

「二つ、条件があります

 一つは但馬先輩たちのサイキョウ内への戦後の非介入」「もう一つは?」「但馬先輩が私と戦っていただけませんか?勿論、全力でなくても構いません