パチンコ つかさ 田崎

パチンコ つかさ 田崎

貴族院の図書館に住んでいるソランジュ先生がわたくしの理想の将来です」「ソランジュ先生ですか……」 選択肢以外の答えだったせいか、混乱する頭を押さえるようにレオノーレが呟く

あなたも好きかも:芸能人 スロット タイアップ
「本当は図書館に籠って一日中読書をして過ごせれば最高だと思っています

家族や仲の良い人達とおいしいご飯を食べて、好きな本を読んで、余所の図書館で読んだことがない本を探してうろうろするような生活がしたいです

自分の立場に付随する最低限の義務をこなし、皆が好きなように本を読める図書館を作り、本の管理をし、本を増やすために識字率を上げ、本を書ける者を増やし、平民も貴族も関係なく読書を楽しめるようにしたいのです」 トゥーリが「いくら何でも変わらなすぎだよ」と言いたげに、じとっとした目を向けてくる

あなたも好きかも:そらおと スロット やめどき
でも、その通りだ

あなたも好きかも:トランプ ゲーム 種類
わたしの望みはあの頃から変わっていない

選ばなければ国が滅ぶとか、命じられれば従わなければならない立場だとか、ややこしくて面倒な義務がいっぱい積み重なって身動きできなくなっているけれど、全部取り払った望みは一つだ

「わたくし、できるのであれば図書館をたくさん建設し、その図書館の司書として図書館に住みたいです」 貴族側が完全に想定外というか、「本気で図書館都市を狙っていたのか」と信じられない顔になっているけれど、わたしの望みを聞きたがったのは皆である

「……図書館の建設ということはアウブですか?」 混乱した頭から自分の理解が及ぶ範囲の答えを得ようとしているレオノーレを見ながら、わたしは頬に手を当てた

「わたくしはアウブでもツェントでもどちらでも良いのです

わたくしの計画が図書館都市になるのか、図書館国家になるのかという些細な違いしかありませんから……」「全く些細ではありません」「平民達にも読書の楽しみを、と考えればアウブでしょうし、図書館『ネットワーク』の簡単な設置はツェントなのですよ

いっそ国中に権力を及ぼすツェントになれば全ての図書館に国境門と同じ転移陣を敷いて、気軽に行き来できるようになるかもしれませんね」 最も簡単にできる図書館ネットワークの設置方法なのだが、領地を跨ぐ転移陣はツェントでなければ設置できないのだ