パチスロ 北斗の拳 修羅の国 エピソード

パチスロ 北斗の拳 修羅の国 エピソード

 今はこうして側にいて、友達として接しているけど

  いつかそれも叶わない時が来る

 彼がこの場にいる限り、それはもう変わらない

 胸が苦しくなるような切なさ

あなたも好きかも:蒼き鋼のアルペジオ アルスノヴァ スロット 天井
 だけどそれが彼にとって良い事なら

  きっと本人のためになるのなら

 私や私達の感傷なんて、どうでもいい

「でも、僕は僕だから」「え」「周りは変わるだろうし、もう変わってると思う

あなたも好きかも:バカラ 2021年グラス
でも、僕は変わらない

この先、ずっと

あなたも好きかも:パチンコ 増台 ポスター
いつまでも」 そっと、控えめに伸びてくる手

 私は彼の小さな手を軽く握り替えし、胸を押さえながら微笑んだ

「本当に?」「本当に

そんなに変われる程、器用でもないし」「はは」 人のとぎれた廊下

 窓からは薄い夕刻の日差しが差し込み、私達を淡く照す

 床に伸びる薄い影

 小さな、すぐ側に寄り添って並ぶ

 彼に掛かる負担