偽物語 パチンコ 199

偽物語 パチンコ 199

あなたも好きかも:スロット ピラミッド
 どの様な装いでも、姫様は姫様か

 いくら背が伸びようと、俺が、俺でしかなかったのと、同じ

「……どんなじゃぁ、ありませんよ⁉︎ なんなんですかあれは! なんの説明も無しに、夫やら王やら言われたって、話合わせてられませんからね⁉︎ 何か言いにくそうにしてると思ってたら、こんなの伏せてたんですか⁉︎ 言いましょうよ! 心の準備も何も無しにあの状況に立たされて、こっちがどんな心地だったと思うんですか⁉︎」 勢いに任せて文句から言ってみた

 遠慮すると、もう、姫様としてしか接してもらえなくなる様な気がしたのだ

 俺の剣幕に、姫様が女性らしからぬ、どこかガサツな動きで、浅く腰掛けていた長椅子の奥に逃げる

女性の装いをしていても、動きはクリスタ様だ

そのことにホッとする

「ど、怒鳴らずとも良いではないか⁉︎ こちらとてな、なんと言って良いやら、結構困ってだな……」「言い訳は聞きませんよ⁉︎ 俺、絶望しかけたんですからね! また、……全部失うと……本気で……っ、もうあんなのは、こりごりですよ⁉︎」 俺の言葉に、姫様が眉の下がった、情けない顔をする

 そうして、口を開きかけて、押し黙った

 何か言いたげなのに、難しい顔をして、視線を逸らす

あなたも好きかも:福工大前 パチンコ 跡地
雪の様に白い肌……その頬が、赤い

「…………わ

あなたも好きかも:パチスロ 掲示板 2ch
悪かった……

 本当は、言おうと、思っておったのだぞ

だが……あの馬鹿が来おって、心の準備が台無しだ」 ボソボソと、言い訳の様にいう姫様