門司 スロット

門司 スロット

あそこにいる変なのは神だけど」と大樹の根元で、盤面を見ながら「?」の形になった髪の頂上を手で固めなおしている奇抜なお爺さんを指差す

「あの人、神なの!?」「うん

闘神ロ・ゼルターナ神だよ

戦いの神で、人間たちの守護神よね」衝撃的な美射の発言にしばらくその場が凍りつく

ちょっと待て、はるか昔に人間達を他の種族から救い、そして俺が散々「化身」だとか言ってきた神の正体があれ!?もっとこう恐ろしいのを想像していたんだが、あれなのか!?あの髪型の頂上が「?」の形に固められていて髭をリボンのように結んでいて、赤と緑に半分から塗り分けられた甚平を着ているあの凄く変な老人が闘神ロ・ゼルターナ神!?その名を俺が叫べば、城兵が皆震えて逃げ去り、城すら落ちたロ・ゼルターナ神!?……

あなたも好きかも:パチスロ 怪文書
俺はその場にへたりこんでしまった

あなたも好きかも:pt電子ゲーム公式サイト
「たっくん……うちもその気持ち分かるよ……」同じく脱力したタガグロがポンポンと肩を叩く

ミサキはどうしたらいいか分からないようだ

しばらく座り込んでいると、美射が隣に座って話しかけてくる

「地球のオカルトな話でね、たまに知らない駅に電車がついたっていうのあるでしょ」「うん……」「あれってね、すごく簡単に説明すると 特定の速度で移動する物体に偶然ある条件が揃ったときに かなり遠い平行世界に入り込むという現象なのだけれど」「よくわからんがそういうものなのか……」「そそ

あなたも好きかも:札幌 パチンコ 優良店
それを意図的にあの変なジジイが起こして 但馬たちをここに呼んだのよ」「ボードゲームに勝つために?」「そうよ

それだけのためにね」「ほんとにそれだけ!?何か他に深い意味あるんじゃ……」「それだけだと思うわよ

訊いてみたら? マブ・ガルスは、私が次の手考え付くまで休戦だし」俺はうな垂れて、美射に手を引きずられながら他の二人と共に老人に話を聞きに行く

若者たちよ