夏目友人帳 スロット

夏目友人帳 スロット

この橋は当地のソーヌ川が深かったため浮き橋方式を採り、トロイマン少佐は5個の浮き橋桁を作らせて対応すると、何とか歩兵と騎兵のみ通行可能な橋とするのでした

しかし流氷のため橋が壊れる危険性が高まり、深夜に一度解体せざるを得なくなります

工兵たちは極寒の早朝に再び橋を架け始め、20日朝には再び歩兵が渡河する姿が見られたのでした

 この日の行軍で第13師団本隊はサヴォユーに至った前衛に追従してダンピエール=シュル=サロン(サヴォユーの西5.2キロ)に進み、右翼縦隊は第2軍団と連絡を取るためヴェルー(同南西7.8キロ)に向かいました

普軍の野戦工兵(近衛軍団) 第14師団は第13師団の左翼(北)側を併進して、その前衛はラヴォンクール(サヴォユーの北北東9キロ)に達し、師団本隊はヴァイット(同北北西5.2キロ)に至りました

軍団砲兵隊はこの日シャンリット(グレーの北19.8キロ)まで進んでいます

 また、前述通りエピナル方面へ変更した新たな後方連絡線を行く諸隊にサン=ルー(=シュル=スムーズ)へ進む予定の第14軍団フォン・ヴィリゼン大佐支隊との連絡を通すため別働隊が派遣されました

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 単独
 この連絡隊は驃騎兵第15「ハノーファー」連隊第3中隊のフォン・ヴィラモーヴィッツ=メレンドルフ中尉を指揮官とする中尉の中隊騎兵約半数(100騎前後)とフュージリア第39「ニーダーライン」連隊の50名からなる小部隊で、この後国民衛兵や義勇兵が跋扈する敵地を横断し21日にサン=ルーに到着しますが、中尉らの出現に驚いた現地の臨時護国軍1個大隊は戦わずに街を捨て、コンフラン(=シュル=ランテルヌ

サン=ルーの南南西9キロ)に向け後退して行きました

中尉らは兵站連絡線を防衛するロートリンゲン総督府部隊やヴィリゼン支隊と連絡を通すことに成功すると第7軍団の輜重縦列や補充兵の行軍を護衛し、オーソンヌ攻撃(後述)に協力した後の2月4日に原隊へ帰還しています

あなたも好きかも:まどマギ スロット マミ
 マントイフェル将軍の本営はプロートワからフォンティーヌ=フランセーズへ移動し、ここでフォン・ヴェルダー将軍の電信報告を受領しました

あなたも好きかも:沖縄 スロット 出る店
それに因ればヴェルダー将軍の第14軍団は同19日に前衛により、翌20日には本隊も後退するブルバキ仏東部軍を追って右翼はベルヴェルヌ経由でリュール方面へ、左翼はソルノやアルセ方面へ、それぞれ前進するとのことでした

その後第二信が届き、第14軍団は20日ノロワ=ル=ブール(ブズールの東11.1キロ)~ヴィルセクシュエル~オナン(アルセの南西4.3キロ)の線上に達する予定、とのことでした

 フォンティーヌ=フランセーヌに移動したマントイフェル将軍は翌20日の行動命令を次のように発します

「1871年1月19日 午後6時フォンティーヌ=フランセーヌ発南軍命令フォン・ヴェルダー将軍は本日、15から17日まで三日間の戦闘により仏第15、第18、第20、第24軍団(第25軍団も含んでいる可能性あり)から成るブルバキ軍をベルフォール要塞外の陣地にて撃退した

結果、敵の退却は既に17日夕刻には始まったものと推測され、その後の情報によりこれは確実となった

従って敵主力は17日、行軍縦隊に組織され後退に転じたのではないかと考える

18日、敵はフォン・ヴェルダー将軍に対するため約3個師団に相当する後衛を従前の防御陣地に残留させた