アントニオ猪木 パチンコ 新台

アントニオ猪木 パチンコ 新台

マイカちゃんも一緒よ」「うわっ、ビックリした」スーツ姿のミシェルの隣に居るメイド服のマイカは、全体が二重にぶれて見える

何度か目をこすって見返してみても、ぶれたままである

タガグロも首を傾げながら「ミシェルさん、マイちゃんどしたん?」と尋ねると、椅子を俺たちの席の後ろに並べながらミシェルは「んーと話すと長くなるから、ちょっと落ち着いてからでいい?」と俺の席の上の手のつけられていないワイングラスに酒をついで椅子に座り、口をつける

マイカは二重にぶれながら無言のまま座った

あなたも好きかも:スロット 聖闘士星矢 新台
少しワインを飲んで、落ち着いた顔になったミシェルが「この娘は"オリジナルマイカ"ちゃんよ

シャドウマイカたちから聞いてなかった? 本体は存在が不確かになっていて、私の家で療養しているって」「あ、そうか、じゃあ……この二重になっているのが」マイカも無言のまま頷く

「昼に魔族皇を立ち退かせたのも……」「そうよ

このマイカちゃんね

あなたも好きかも:千代田産業 パチンコ
ちょっと冷や冷やしたけど ソウタ君たちと立てた作戦が嵌って良かったわ」「その話、うちも聞きたい」と身を乗り出してきたタガグロにミシェルは頷いて「魔族皇が因果律を長く読めるって知ってるわよね?」と俺たちに尋ねてくる

ソウタから聞いた話だ

聞きましたよ」「うちもチラッとは耳にはさんどるよ」「でも因果律をどんなに長く読めてもね ただ"この世界"の物理法則によって今後起こることを 理解できるってだけなのよ」「……だけ、ですか……」俺にとっては、殆ど理解できない途方もない話である

タガグロは黙って聞いている

「だけども"違う世界"と混ざり合ったものが"この世界"に現れたとしたら それはこの世界の物理法則にとっては異物になるでしょ?」「どういうことですか?話が良くわからないんですけど」タガグロがミシェルに「たっくんも違う世界から来てますけど……」と尋ねる

ミシェルは笑いながら「タジマ君は、違う世界からこの世界に来ただけで 二つの世界に同時に存在したりはしてないでしょ? 存在の現在位置がはっきりしてるの」「……?」タガグロは首を傾げる

「まだよくわからないんですけど、つまりマイカは因果律を読むのに 邪魔になるってことですか?」「そういうこと

魔族皇にとってはたぶんマイカちゃんの居る場所や その周辺の物理法則が真っ黒に感じられて、恐ろしいと思うわよ」いやしかし、俺たちには確かにマイカが見えている

ということはだ