静岡 パチンコ スリーエー

静岡 パチンコ スリーエー

それがきちんと作動するかどうかまで、俺は把握してない」「うっス……」 二人は再び、車に乗る

あなたも好きかも:天牌 スロット
「しかし、対価とか必要なかったんすか?」「わかっただろ」「げ……あー、駄目だ、やっぱベル先輩相手じゃ誤魔化せないか

いやまあ、目の代わりにするってメリットは先輩のもので、相手にしてみれば先輩に預けるってことが、そもそもメリットになったんじゃないかとは、思ったんすけどね

ただ――」「ただ?」「ベル先輩を怖いと、そう思うのは」 果たして、どちらだろうかと、そう思ったのだ

「このために目を潰したのか、それとも目を失ったから、こうしたのか――どっちなんすかねえ」 ベルは、苦笑するだけで答えなかった

一度鈴ノ宮に顔を出し、ことの流れを伝えてからは、車を預けて徒歩移動となった

街の空気を感じることはイヅナにとっても良いことだったので、それ自体は問題がない

向かう先はどうやら、野雨と杜松の境界くらいにあるらしいとのこと

「どうだ」「ちょっと怖いっスねえ……」 騒がしいような日常の空気の中には、何もない

ただ、そこに日常の姿があるだけだ

二人は雑踏の中に紛れながらも、当たり前のように認識から逃れるよう、堂堂と歩いている

あなたも好きかも:サザンアイズ スロット 天井
この矛盾した技法も、習得してしまえばそれほど難易度は高くない

あなたも好きかも:ケータイ少女 パチスロ
「きっちり整ってる感じがするんすけど、逆に雑味が混ざってないから、裏が読めないとでも言うんすかね

単純に、すげーってことなのかもしれないっスけど」「なかなかいい読みだ

イヅナ、認識の幅を広げろ」「認識っスか?」「内世界干渉系だからといって、自分の視界に映るものが全てだと錯覚するな

今すぐにやれとは言わないが、それこそ〝世界〟を俯瞰することも、あるいは可能だ