スロット よしき 来店

スロット よしき 来店

心の中で、「誰があいつに子どもをやるか」と文句をこぼしながら

「ほな……どないすんねん? 明日帰るンか?」 状況を考えるとのんびりはしていられないだろう

冷蔵庫からビールを取り出しながら一平が問い掛けると、反町は彼を振り返って首を振った

「帰る前に、優樹とちゃんと話しがしたいから」「優樹はぁ? 今どうしてるのぉ? かのん、見に行きたぁい」 首を傾げつつ口を尖らせる華音に続き、「オレも行きたいーっ!」と白川も興味津々な笑顔で手を挙げ、「オレも!」と、相川も真顔で大きく手を挙げる

あなたも好きかも:咲 パチンコ 評価
 賑やかな彼らが押しかければ騒動は必至だ

 反町は「まったく」と呆れたため息を漏らして彼らを見回した

「待っててやって

あなたも好きかも:パチンコ 吉宗 和楽器バンド
気分が落ち着いて、みんなに会いたくなったり、お腹空いたら下りておいでって言ってあるから」「……会いたいのにぃ」 宥められて華音が拗ねると、白川と相川もムスッと口を尖らせる

 不満を露わにされても仕方がない

あなたも好きかも:パチンコ 一般 電 役
「はいはい」と無愛想に受け流す反町に、二階へ続く階段を見上げていた真里乃はそっと切り出した

「……私、行ってみてもいいかしら?」 ただでさえつわりの現場を見ていたから様子が気になって落ち着かない

 不安げに伺う真里乃に目を戻した反町は笑顔で頷いた

構いません」 真里乃には愛想良く対応する彼に、拒まれた華音たちは「えぇ!?」と目を見開いて眉をつり上げた

「なんでだよーっ? 真里乃ねーちゃんはよくてオレたちダメなんてずりーぞーっ!」「ずるくない」 ふて腐れる白川に真っ直ぐ指を差されて、反町は腰に手を置き呆れた面持ちを向けた

「真里乃さんは一番近い身内だろ? 様子を見に行くのは当然だ」「かのんたち友だちなのにぃ!」 続いて華音が頬を膨らませると、相川も「そうだそうだ!」と反発の声を上げる

しかし、そんなことで簡単に折れる反町ではない

「勝手に叫いてろ」と言わんばかりに彼らを無視してそっぽ向く

 「優樹に捨てられちゃえ!」と三人から文句を言われる反町に苦笑しつつ、真里乃は良二に支えられながらソファを立ってみんなを見回した