石岡 パチンコ屋

石岡 パチンコ屋

読み手には貴重な時間を割いて読んでもらっているのです

ムダをしていい道理がありません

あなたも好きかも:愛知県 パチンコ p-world
 書くべきことをしっかりと書く

あなたも好きかも:パチスロ 鬼若弁慶
あまりにも基本ですが、人物(キャラクター)設定と舞台設定に凝り、場当たり的に話を進める書き方をする書き手は往々にして見落としがちです

最後に 今回は「対になる存在」を早めに登場させることについて述べました

 小説には「主人公」が不可欠ですが、主人公ひとりだけしか出てこない小説も退屈極まりないものです

人物がいっさい出てこない風景だけの文章は小説とは言えません

しかし主人公ひとりしか出てこない小説もまた小説としては成立させづらい

 他人との人間関係とそれによる主人公の性格や性向などの変化による成長を書いてこそ、読み手は小説から「疑似体験」を通じて経験知を高めることができます

 どうせ書くなら読み手の心にいつまでも残る作品にしたいものですよね

 そのためには読み手に物語を「疑似体験」させること、それを通じて経験知になることが重要です

 主人公が不可欠のように「対になる存在」もまた不可欠といえるでしょう

あなたも好きかも:パチンコ 朝鮮
疑似体験を描くのが小説 物語とは「主人公がどうなった」かという変化の過程を書いたものです

 物語開始当初の主人公が、立ちはだかる様々な出来事(イベント)や試練を乗り越えて(ときには勝ち、ときには負けて)精神的に成長し、ついにラスボスと戦います

その結果「主人公がどうなった」かが示される