福岡市東区 パチンコ

福岡市東区 パチンコ

「そうだね

とりあえずはそろそろ軽く潜ってはみようと思うんだけど、もうダンジョンの中って入れたっけ?」「どうだろうな

ギルドにいって聞いてみてくればいいんじゃねえか?」「そうだねえ

まだ中に入ってるらしいミナカさんのことも気になるし、一度足を運んでみるかな」 風音は親方の言葉にそう返した

あなたも好きかも:スロット バンク
 ちなみにタツオは風音と親方の会話についていけず、今は風音の頭の上で夢の世界に突入しているようであった

 そして、そうこうと話している内に外から声が聞こえてきた

ジンライたちが帰ってきたようである

それからいつも通りの朝食を取り、その中に親方はちゃっかり混ざって食事をすると満腹になって工房へと帰っていったのであった

あなたも好きかも:パチンコ 景品交換 翌日
名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:杖『白炎』・ドラグホーントンファー×2・竜喰らいし鬼軍の鎧(真)・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪レベル:40体力:156+20魔力:378+520筋力:81+45俊敏力:83+39持久力:45+20知力:75器用さ:53スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[1]』『光輪:Lv2』『進化の手[1]』『キックの悪魔:Lv2』『蹴斬波』『爆神掌』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv4』『イージスシールド』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv2』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv3[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv2』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『魔王の威圧』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『赤体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』弓花「神聖銀か……むむ」風音「ゆー、お金使っちゃいなよ!!」弓花「……むむむむ」

朝食が終わった後、風音は親方と話した通りに一度冒険者ギルドに行くことにした

午後にはまた親方もやってきて、メンテナンス用の装備、使用素材の引き取り、また神聖物質(ホーリークレイ)の生成やタツヨシくんシリーズ改造の細かな検討を行う予定もあるのでそう時間もかけられないのである

あなたも好きかも:パチンコ 複合施設
なので、そこそこに急いで用を済ませる必要があったので風音たちはすぐに準備をして外に出た

ようやく動き出したダンジョン攻略を前に風音は大忙しであったのだ

ダンジョンか

早く入りたいものだな