横浜 裏カジノ

横浜 裏カジノ

変装の魔法で、偽名がランダムに決まるんだった

「申し訳ありません

家名と自分の名前を間違えておりました」 オレの言い訳は、彼らを怪しませる結果になったようだ

 険悪な雰囲気につつまれる

「あぁ、あなたは?」「ヘレンニア様は、ご存知なのですか?」「はい

リーダ様と一緒にいらっしゃったのを見かけたことがございます

ひょっとして私に用事が?」 そこに助け舟を出して出してくれたのは、ヘレンニアだった

あなたも好きかも:パチスロ マイケル
「左様でございます」 助け舟に乗らない手はない

あなたも好きかも:麻雀ゲーム フリー pc
ニコリと笑い彼女に大きく頷く

あなたも好きかも:リノ スロット 高知県
「では……あちらでお話を伺いましょう」 そしてヘレンニアに促され、ニフレインから離れ通路の陰へと向かった

「リーダでしょ?」 そして開口一番、オレの正体が言い当てられた

「やっぱり、バレていたか」「今日は一体どうしたの? 私に会いに?」「サムソン探しに来たんだが……それとは別にだ、ミランダ

オレを置いて逃げやがったな」「自分のことで精一杯だったのよ

それに、ほら、リーダだったら大丈夫かなって」 彼女は、問い詰めるオレに対し、楽しそうにそんなことを言い放つ

 なんてことだ

 適当な事をいいやがって

 そして、オレが口を開こうとしたら、かぶせるように彼女は言葉を続ける