魔界村 スロット

魔界村 スロット

 リンナの料理の時には、あれ? と思ったが、得手不得手があるだけなのだとテルサの料理を食べた際に思ったっけ

 こちらの宿で提供する料理も凝っている物が並ぶ

あなたも好きかも:コンチネンタル スロット
「あら、美味しいですわね」 カルディナは上品に、煮付けられた魚をフォークとナイフで食す

「……? リリアちゃんのそれは何ですか?」「あ、これ? 箸っていうの」 基本、この世界ではスプーン、フォーク、ナイフといった物で食事を取るが、やはり日本人たるものお箸の方が食べやすいわけで……

「珍しい物で食べますね」「摘んで食べるんです

こうして、ね?」 俺は箸で綺麗に身をほぐして、身を摘んで見せた

あなたも好きかも:エウレカ2 撤去
「私は無理

断念したよ」「私も」 外国人が中々お箸が定着しないように、異世界人もその限りではない

 アイシアはぷるぷると持ち上げては皿の上に何度も料理を落としていた

 フェルサに関しては持ち方がグーだったので、出来るはずもなくだが、「慣れれば、結構食べやすいですよ」「それに自然と綺麗に食べられますもの、わたくしは最近はこれですわ」 リュッカとナタルはいつの間にか使いこなせていた

ちなみにテテュラもさらりと

あなたも好きかも:オンラインゲーム 競馬
「せっかくの機会です、教えて頂いても?」「私も是非!」「あーはいはい」 とりあえずそれは後々と二人を宥(なだ)めると、本題に入る

「明朝、このガルニマを出発し、次の町のヒューまで移動するよ

この間の道のりだけど、平原が続くから攫(さら)い屋とかの心配はいらないけど、魔物が出てくる

昨日、船で説明した通り、前衛は僕らがやるから後衛は任せるよ」「了解です」 感知魔法を使って位置を把握し、的確な指示を出す