ゆうなは勇者である スロット

ゆうなは勇者である スロット

あなたも好きかも:スロットマシン エクセル
ディートリンデがアウブに固執したところで、王命がある以上、どうなることでもないのだ

「ずいぶんと不思議そうな顔をされていますが?」「いえ、フェルディナンド様はディートリンデ様の望みならばできるだけ叶えられるように努力するとディートリンデ様より伺っていたので、少し驚いたのです」 ……確かに言ったが、できるだけ、なので特に間違ってはいまい

「妻の望みと王命とどちらが大事なのか、自ずと答えは出るでしょう」「……そうですね」 レティーツィアがそう言いながら窓の外を見遣った

エーレンフェストの方角を見て、少し安心したように笑う

「ディートリンデ様とご結婚の後、わたくしの養父となる方がどのような方なのか、貴族院時代の成績については情報が入っても、お人柄についてはどなたも触れませんでした

けれど、王命を優先することを知る貴族で、エーレンフェストの親しい方からあのように心から心配され、別れを惜しまれ、慕われている方ならば、わたくしはローゼマイン様のお言葉を信用したいと存じます」 ……ローゼマインの言葉はあまり信用しなくてよろしい

 喉元まで出かけた言葉を呑み込んだ

せっかくレティーツィアが友好的な空気を出しているのに、それを踏みにじる必要はないだろう

アーレンスバッハで少しでも楽に生きるためにはレティーツィアとその周囲の信用を得られた方が良い

 もう少し信用を得るためにどうすれば良いのか考えていた私の脳裏にローゼマインが提案していた数々が浮かび上がって来る

あなたも好きかも:パチンコ サンセイ ガロ
 ……いや、ちょっと待て

他に何かあるはずだ