マイケル スロット 天井

マイケル スロット 天井

きっとお前はとんでもない力に引っ張られてこの街を去るだろう

抗っても抗い切れない、必ず押し流される

次世代の波はとっくに僕達の手に負えない高さまで来てるんだ、と

「だから……うん

あなたも好きかも:モンハン スロット 狂竜化
またね、マグル

あなたも好きかも:スロット 鏡 フリーズ
そのうち会いに行くよ、きっと」「うんむ

何やらよく分からんが、お主が言うのならそうなるのだろう

何せ星見を司る巫女殿なのだからの

あなたも好きかも:ルーレット 賭け 方 禁止
ばっはっは!」 マーリンさんに続いて僕もミラも頭を下げて、そして先代魔術翁の仮工房を後にした

次世代の波……か

確かに彼はとんでもない力でマグルさんを説得しに行くだろう

いや、もはや拉致みたいな手段を取るかもしれない

そこは……うん、やっぱり常識と倫理観の壊れた術師のひとりだからね

「さーて、帰ろうか

朝ごはんの手伝い、今からならまだ間に合うだろう

エルゥには昨日いっぱい頑張って貰ったからね、今朝くらいは僕達で労ってあげないと」「そう思うならいつも手伝いを……いえ、せっかくのやる気に水を差すのは悪手か」 手厳しいことを言うね……ってマーリンさんが苦笑いしてくれたおかげで、なんとかミラに噛まれるのだけは避けられた

あとコンマ数秒遅れてたら手遅れだった、ナイス反省

そうと決まればなんて誰が言い出したか、僕達は少し人通りの増え始めた繁華街を走って家に帰った