スロット こしあん 来店

スロット こしあん 来店

それは特別なことではなく、そこに、いやいや竜はこうだぞと竜の話をする竜本人が現れたりもするのがウィームだ

人々の表情に幸福感が滲むのは、これからがウィームの祝祭の最盛期だからだろう

しかしながら、時折、恋に破れたものかもっと別の理由か、酷く暗い目をして足早に歩く者もおり、悲劇もまた美味とそんな誰かをそろりと追いかけてゆく妖精がいる

あなたも好きかも:バカラ ハウス エッジ
そんな中をゆったりと歩き、ネアは見知らぬ妖精に声をかけられ立ち止まる

「お嬢さん、危ないよ」「…………む?」するとすぐにぼさりと雪の塊が木の上から落ちてきて、ぱたぱたと飛び去ってゆく犯人のムグリスが見えた

ネアは声をかけてくれた老紳士風の妖精にお礼を言い、飛び去った先でまた雪を積もらせた木にぼふんと激突して通行人に悲鳴を上げさせた灰色の後ろ姿に目を凝らした

あなたも好きかも:パチンコ 大工の源さん やめ 時
「あのムグリスは、もしや歩道の人達を攻撃しているのでしょうか?」「いえ、恋をしているムグリスは、枝に雪が積もっていると、飛び込む習性があるようですよ」隣を歩くヒルドからそう教えて貰い、ネアはさっと振り返った

目が合ったディノが、はっと体を硬ばらせる

今日はネアのお気に入りの濃紺のコートではなく、初めて見る白みがかった灰色のコートを着ていた

あなたも好きかも:スロット 紅茶
微かな水色の艶があるカシミヤのような質感のコートは美しく、曇り空の日の雪原のようにも見える

こちらにいる婚約者は時々ムグリスになるのだが、なぜか健気な挑戦をしてしまい、お風呂でぷかりと浮こうとして昏睡しかけるくらいの飛び込みしか見たことがない

「………………ディノは、雪には飛び込まないのですね」「ご主人様……………」少しだけ呆然としてそう呟いたネアに、慌てた魔物は歩道脇の雪溜まりに飛込みかけてしまい、ヒルドに押し止められていた

飛び込まないと婚約破棄されるかもしれないと必死な魔物を掴み止め、こちらは青みの強い紺色のコートを着たヒルドが、ぜいぜいしながら振り返る

「ネア様、それは中身までが生粋のムグリスの習性ですからね、ディノ様はその限りではありません」「…………ということは、ディノは中身が魔物さんなので、飛び込まない…………」「ご主人様!」それならばと頷いたネアに、危うく、婚約者なご主人様に恋をしてない疑惑をかけられるところであったディノは、ひしっとへばりつく

これはもう感動の場面であっても良かったのかもしれないが、すぐさまべりっと剥がされたのは、ネアが手に持つ小枝のせいであった

「こら!いけませんよ

この小枝は大切なものなので、封印庫の前の同じ木に、祝福を分けてあげに行くところでしょう?」「…………そんな枝なんて…………」「それが終わったら、この小枝を飾った大広間で、一緒に踊るのですよね?」「……………うん」その約束を思い出したからか、ディノは目元を染めてこくりと頷いた

実はこの小枝は、ネアが冬告げの舞踏会で貰ってきた祝福の小枝なのだが、持ち帰ってくるとウィームの土地がよほど馴染んだものか、めきめきと育ってしまったのだ

昨晩は大切な魔物にたくさんの舞踏会のお土産話をし、貰って来た小枝を枕元に飾って眠ったネアは朝になってその変化に呆然とした