高尾 パチンコ やばい

高尾 パチンコ やばい

 戦え、悩むな、心のままに、後悔するな――と、囃し立てる

 次第に身体の中が熱くなっていき、言葉を交わすことが煩わしくなり、暴力で全てを解決したくなってくる

「光が! 戦意を――くそっ!!」 光を媒介にしている以上、防ぎようがない

あなたも好きかも:ドラクエ11 カジノ 稼ぎかた
 近くを見れば、仲間たちも同じように顔をしかめていた

 それどころか、これから戦うであろう敵たちも同じだった

 シスは頭を抑え、陽滝の手を強く握っていた

 城にこもっているアイドは、外壁の植物を蛇の群れのようにのたうち回らせながら叫ぶ

(ノスフィー様! その光は! 城の制御が狂います!!) 協力者を叱責し、解除を求めた

 だが、それに返るのはノスフィーの助言めいた否定

あなたも好きかも:クリスタル・カヴァーン
「――宰相アイド、あなたは『決闘』をすると心に決めたのでしょう? ならば、迷ってはいけません

躊躇ってはいけません

一歩も退いてはいけません

さもなくば、挑戦すらできなくなりますよ? ……このわたくしのように」 その言葉は優しかった

 いままでのふざけたものとは違い、慈愛に近いものすら感じる

 ノスフィーは心の底からアイドを心配している

 ただ、その言葉の中に正しさなどない

ノスフィーは自分の経験から、間違ってもいいから思うが侭にやれと――優しさゆえに、暴走を促しているのだ

「その苦しみをあなたはよくわかっているはずです

好き嫌いをしてはいけません