東大生 パチンコ

東大生 パチンコ

「……ドン・キャブラグ……居るか……」しばらく扉の外で待っていると、中からそうっと扉が開いて「……市長は留守だよ」としわがれた声の老婆が答えてくる

「……バースマリグの……未来に……関わることだ……連れてこい……」「……」扉が音もなく閉められる

だがマイカが動かないので俺たちも動かずに待つ

五分ほどそのままの姿勢で静かに待っていると再び扉が開けられ、使い込まれたパイプを咥え、汚らしいシャツを着た、禿げあがった小さな老人が扉を開け、そしてしばらくマイカと後ろで立ち尽くす俺たちを眺めると煩わしそうに、腕をグルッと回して石造りの家の中へと俺たちを招き入れる

あなたも好きかも:スロット 銭形 ゾーン狙い
小柄な老人は、ぶっきらぼうに俺たちを家の使い込まれた家具が無駄なく置かれた応接間に通すと「座っといてくれ

ヤムテイを入れてくる

ヤニだけじゃ頭が起きねぇわ」俺たちをテーブルの周囲に雑に並べられた木製の軋む古椅子に座らせて、奥へと引っ込んでいった

あなたも好きかも:ルパン パチンコ 裏ボタン
カンテラに照らされた応接間の中、全員でフードを脱いで、一息つく

「あれがドン・キャブラグなん?」「……間違いない……諜報員にきいた……特徴……一致する……」「どんな人なの?」「三十ラグヌス(年)も、この港町の市長しとる人間やね

 あの人が市長になってから、竜害が劇的に減ったんよ」「優秀なんだな」「……彼は街の……漁の場所……そして船の航路……変えた……ドラゴン……いらつかなくなった……」「そうやったんや

あなたも好きかも:桜新町 パチンコ 閉店
うちはてっきり貢物でもしとるんかと」いつの間にか応接間の入口に寄り掛かっていたドン・キャブラグがコーヒーのような香りの飲み物をティーカップから啜りながら「よう調べてんな

おたくら、ローレシアンの使者かなんかかいな」といきなり尋ねてくる

鋭い人らしい

「……半分は……当たってる……」「ふーん