パチンコ 蒼穹のファフナー

パチンコ 蒼穹のファフナー

一攫千金を逃し、小さく唸りながら元の席に座ると、ディノはそっとネアのお口に美味しい苺ジャムを挟んだ一口クラッカーを押し込んでくれた

あなたも好きかも:カジノ 世界 ランキング
さくさくもぐもぐとそれを食べつつ、ネアは渋面で暗い窓の向こうを眺める

つい先ほどまで、その向こうには憧れの金鉱脈の妖精の国があったのだ

「…………明るくなってきたな

そろそろか」「……………む

あなたも好きかも:パチンコ店 お祭り
何だか様子が………………ほわふ」「何かいるね…………」ゴトンゴトンと列車が揺れる

次に通りかかったのは、大きな洞穴の断面を拝見しながら横切る不思議な駅で、そこには緑色に光る苔の王様のようなものがふんぞりかえって佇んでいた

立派な金色の錫杖を持ち、何やら立派な教本のようなものを反対の手に掲げ、きらきらしたつぶらな緑の瞳でこちらを見ている

あなたも好きかも:宮崎 スロット
呆然としたまま通り過ぎてゆくネア達に、もすもすと弾みながら一生懸命に自分の姿を見せつけていたが、列車はそこも静かに通り過ぎていった

「……………私は何も見ませんでした」「地底苔の王族のようだね

とても珍しいものだけど……………」「…………そういやあいつは、魔術の漏れを一切出さない擬態薬の材料になるんだったな…………」そう呟き、アルテアは若干名残惜しそうにそちらを振り返る

しかしながら、既にもう窓の外は暗いトンネルの壁だ

またしても車内は何とも言えない沈黙に包まれる

「…………この列車は、どこに向かっているのかな」「というか、止まるんだろうな?」「案外、行きはお宿に直行で、帰りは観光列車になってくれているのかもしれませんよ」「縁起でもないことを言うな…………」「このまま、観光をするのかな