バイオハザード5 スロット ウロボロス

バイオハザード5 スロット ウロボロス

ええ、これは運命ですっ! お二人のおかげで、わたくしは本当のわたくしというものがわかってきました!」 それを最後にノスフィーは手を離して、部屋の外へ出ようとする

 本当に彼女は満足しきったようだ

その足取りは軽快で、いまにもスキップをし始めそうだ

 扉を開いて出る直前にノスフィーは振り返る

「あっ、ライナーは廊下のほうに簀巻きで置いてありますので、回収してあげてください

わたくしが話すとこじれると思うので、渦波様のほうからわたくしが謝っていたと伝えてくださいませんか?」 部屋のどこにもライナーがいないと思ったら、どうやら外に放りだされていたようだ

「ああ、わかった……」「では、お願いしますね

あなたも好きかも:dポイントクラブ スロット
――本当にお願いしますね」 念を押すように、二度も願われる

 そして、最後に宙を見上げて呟く

「もうわたくしは我慢しません

だって、ようやく大人から子供になれたのですから――」 それは自分自身に語りけているのか

あなたも好きかも:生ダラ パチンコ屋
それとも、もっと別の誰かに語りかけているのか

あなたも好きかも:尾張旭市 パチンコ ケイズ
いまの僕にはわからない

 その言葉を残し、ノスフィーはいなくなる

 深夜に相応しい静寂が部屋の中に戻り、夜の闇が深くなっていく