スロット 設定 基準

スロット 設定 基準

そんな訳で、サヤに声を掛けた

「サヤ、良いと思うものを、三つ選んでみろ

色も、織りも、好みのものでいい」 俺の背後に控えていたサヤが、ひょこりと顔を出す

 俺が一人でないことに、店員がまた女連れかよみたいな表情をする訳だが……今日は小煩いルーシーではないし、交流のあるご婦人方でもない

あなたも好きかも:コードギアス スロット 初代 天井
外套で顔を隠したサヤだったので、身分の良い人のお忍びかと思った様だ

あなたも好きかも:パチンコ ドリーム
余計な口は挟まないと決めたらしい

ぺこりと頭を下げるだけの挨拶にとどまった

それにサヤも、ぺこりとお辞儀で答える

 サヤの物色は、まず赤い飾り紐の塊から始まった

暫く眺めた後に、迷いなく一本に手を伸ばす

若干悪戦苦闘しつつ、引き抜いた

 それは何の変哲も無い様に見える、丸紐だ

両はしは解かれた糸が房状にされて、始末してある

あなたも好きかも:千歳船橋 スロット
中に一筋だけ白い糸が使われているな…

なかなか良い腕だ

始末の仕方も丁寧な感じだしな……

 サヤの手元を上から覗き込みつつ、俺はそんなことを考える

 次にサヤが手にしたのは、白い、編み紐

典型的なやつだな……あまり特徴のない……というか、見栄えのしない……というか……