イニシャルd スロット フリーズ 恩恵

イニシャルd スロット フリーズ 恩恵

そう考えたシュトは、領地を見渡すと、昼前だと言うのに道という道に、人の姿は見えなかった

曇天の空の下(もと)、日の光が遮られ薄暗中に、無人にも思える渓谷に美しいと自慢の領地に強い風が吹き荒れる

"ロブロウの領民なら雨の日でも必要があるなら、雨具を羽織ってでも働く"ムスカリに、この土地に到着して、自己紹介した時にも言われた話を思い出した

(皆、儀式だし雷も鳴っているから、家に引っ込んでいるだけ?)「俺はまだクソ生意気な、就職したての青年で構わないよ」全く人影がない事を不思議に思いながら、相棒に軽口で返事を返して、坂道となっている新領主邸までの道をシュトは疾走を始めた

途中何度か滑るが、何とか転倒せずに、息を弾ませて新領主邸の使用人専用の勝手口にまで辿り着く

あなたも好きかも:近く パチンコ店
勝手口の入口の横には、靴の泥を落とす為の洗い場があり、そこで手押しポンプを押し、水を出してザブザブと靴の泥を洗い流し落とした

あなたも好きかも:パチンコ 大当たり画面
《ねえ、シュト

やけに静か過ぎると思わない?》「―――そうだよな」ポンプの側に置かれている拭き上げの為に置かれている雑巾で、水滴滴る靴を拭きながらシュトは銃の意見に同調する

雑巾を所定の位置にゆっくり戻して、シュトは慎重に勝手口を開いて、新領主邸に足を踏み入れた

あなたも好きかも:スロット 枚数 ランキング
「なあ、お嬢ちゃんとの約束もあるけれど、竈番のマーサさんの様子を見に行ってもいいかな?

儀式の支度で皆出払っているのも分かっているんだけどさ、何だか―――」言葉が続かない程の胸騒ぎを抱え、シュトは銃に頼んだ

《いいよ

僕も、あの元気な小母さんが気になるから》銃の返事を聞くやいなや、シュトはマーサの"城"である厨房へと向かって、走ってはいけないと指導された廊下を走る

「考えれば、お前はマーサさんと"前から"知っているんだよな」《うん、よく知っているよ

彼女もある意味バンと似た立場の人間だったから

でも、あの人は潔い人だから…》「潔いのは、何となく分かるかな―――!?」厨房の入口に扉が小さく開いている事に、シュトは驚いた