亜人 パチスロ

亜人 パチスロ

あなたも好きかも:じーま スロット
必死に戦ったうえで散っていったのだろう

あなたも好きかも:禁煙 パチンコ 東久留米
その事実を雨宮はまだ気付いていないようだった

《サイド:伊川拓郎(いがわたくろう)》共和国軍を殲滅するために1万の兵を率いて砦の内部を南門に向かって軍を進める

そして共和国軍に強襲をしかけるつもりでいたのだが、ここまでの思惑に反して1つの問題が発生してしまっていた

砦に帰還した俺の耳に最も恐れていた報告が飛び込んできたことで、作戦の変更が余儀なくされてしまったのだ

「東門が突破されました!配備していた3万の部隊は壊滅!!生き残った戦力をかき集めて本陣で再編成を行っていますが、とても手が足りません!東門の防衛は不可能です!!」「ちっ

手持ちの精鋭部隊を派遣していたはずの東門が真っ先に落ちるとは…」この展開は予想外だが、遅かれ早かれどこかが落ちるのは覚悟の上だからな

必要以上に焦ることはない

「こうなったら仕方がないか」報告を行ってくれた兵士の言葉を聞き終えた俺は、ここで重要な決断を迫られることになった

予定通り南門に向かえば、南門に布陣する共和国軍を壊滅させることは出来るだろう

だが無防備となった東門を放置すれば今度は自分達が挟撃にあってしまうことになる

あなたも好きかも:バガボン パチンコ 信頼度
共和国軍の残存兵力は不明だが、このまま放置しておくわけにはいかないだろう

「軍を東門へ向ける!!共和国軍の進行を許すなっ!!!」決断を下したことで俺の部隊は南門への加勢を諦めて東門へと移動することになった