朝一 スロット 美味しい

朝一 スロット 美味しい

あなたも好きかも:bloodプラス スロット 天井
「程々ならいいよ」「飲み過ぎないように見てるから……」「えっ? えっ?」 二人の生暖かい視線とデュークの呆れた冷たい視線と発言に、自分の酔い方の想像をする

あなたも好きかも:桜区 パチンコ 換金率
「ま、まさか脱いだりとか……ないよね?」「「……」」 ヴィはこのパーティーでは最年少で最近お酒が解禁された

 その酔った後の記憶は一切なかった

「……お前、妙なところにほくろがあったんだな」「「――デュークっ!!」」 ヴィのほくろの位置を知っているのは、一緒に湯浴みの経験のある同性のネイのみ

 男性のデュークが知っているわけがない箇所

「……――っ!? なっ!? 何で知って……!! ――し、死ねええっ!!」 この後、赤面しながら魔法を放つヴィと無愛想で涼しげな顔で躱(かわ)すデュークがこの駐屯地を荒らしたことは言わずもがな

 デュークのパーティーは追い出されるようにパルマナニタへと早々と帰還した――

 その次の日の夜、酒場にてオーク討伐の報酬が支払われた冒険者達は祝勝会を兼ねて飲み明かす

「まったく

あなたも好きかも:パチンコ 出す日 2019
ほんっとデュークってデリカシーがないよね」「女扱いしてほしいなら、お淑やかにしてろ」「はっ! 女に夢を持つのも大概にしたら? だから相手にされないんでしょ?」「黙れ

オレに相応しい女がいないだけだ」 酒が進むとこの二人の喧嘩もデットヒートするのだが、同じく酒を飲み交わすシモンとネイは慣れているせいか、二人を無視して話し込む

「しかし西大陸に拠点を移して正解だった」「そうね

魔力の枯渇が影響しての魔物討伐の依頼は報酬も大きいし、やり甲斐もある

それに鍛錬にもなるしね」「鍛錬って

そんなに強くなる意味ある?」「ん?」 ネイはどこかに嫁に行ってもおかしくない容姿をしている

 現にギルドにいてもシモンやデュークと少し離れただけでナンパやパーティーのお誘いがあるくらい