地獄少女宵伽 スロット ゾーン

地獄少女宵伽 スロット ゾーン

「ご協力、ありがとうございました」 お礼を言って帰っていく熱田神宮の職員

 かがり火を運び込んでセットしたのは生徒達で、かがり火は南門に続く参道に点々と置かれている

 生徒達の姿は炎の優しい色に包まれ、ただ光の届かない部分は闇の中

 辺りは一層暗くなり、紺色の空に浮かぶ雲がかろうじて西日を受けて薄い朱に染まっている

「これで解散

という訳にはいかないよね」 雰囲気は十分堪能したが、これを楽しむために集まった訳ではない

 やはり、何か一言言う必要はあるだろう

あなたも好きかも:パチスロ スーパービンゴ 4号機
「参道に集まった人達が賛同してくれた

あなたも好きかも:籠原 パチンコ
なんて言ってみたら」「……なんのために」「場が和むよ」 この場の空気は凍り付いてるじゃないよ

 ヒカルを下がらせ、ここはモトちゃんにマイクを渡す

 やはり私達のリーダーは彼女で、集まった生徒達も彼女の話を聞きたいだろうから

「私も今更話す事はあまりないわよ」「明日の式に付いて」「ちょっと待って」 大きく深呼吸して、軽く口元で何かを呟きマイクを握り締めるモトちゃん

 その足元で木之本君がスピーカーを正面へと向ける

あなたも好きかも:ぱちんこ マニアック
「お待たせして申し訳ありません

今更言葉を並べ立てるのもどうかとは思いますが、明日の式に向けて一言

私達としては卒業式へは、卒業生が全員出席する事を求めて行きます

これに付いては改めて学校側と協議します」 まばらに聞こえる拍手