シュタインズゲート パチスロ 設置店

シュタインズゲート パチスロ 設置店

しかも、相川から、となると、また違う感情が沸き上がってくる

あなたも好きかも:パチンコ ライジング 本社
 優樹は目に一杯涙を浮かべると、少し息を詰まらせ、涙と共に出てきた鼻水を軽くすすり、「……うん」と微笑んで頷いた

「……ありがと、……相川君……」 頷いたまま顔を上げられず、目元を指先で拭う

そんな優樹を直視出来ず、相川は悲しげな笑みで水面を見つめていたが、気を取り直すように深呼吸をすると笑顔で空を見上げた

「オレっ、もう毎日子ども見に行きますっ

あなたも好きかも:スロット 百花繚乱サムライガールズ 周期
オレの名前を一番に覚えてもらおーっとっ」 楽しげな相川に、優樹も「ふふっ……」と涙を拭いながら笑った

「相川君のこと……、なんて呼ばせようかなぁ」「そこは難しいッスねぇ……」 相川は、胸の前で腕を組んで「うーん」と怪訝に首を傾げた

「おじちゃんは絶対パス

……相川兄ちゃん……忠久兄ちゃん……」 呟いていた相川は「……あ」と顔を上げて真顔で優樹を覗き込んだ

「なんなら、パパって呼ぶのもアリです」 しばらくじっと固まっていた優樹は、顔を上げて、隣の相川を見ると怪訝に眉を寄せた

「……相川君?」「クソ部長を捨てたらオレのトコに来てください

オレ、子どもがいても全然オッケイですから

あなたも好きかも:菊川 パチンコ 評判
いいパパになります」 真顔の彼に優樹はパチパチと瞬きを繰り返し、「……はは」と頬を引き攣らせ笑った

「あ、相川君……、さっき……幸せにしてもらって、って……」「社交辞令です」「……、へっ?」 優樹は目を見開いたが、その瞬間、視界から相川が消えた

――と思ったらバシャンッ! と川から水飛沫音が聞こえ、「え!?」と身を乗り出して川を見下ろし、相川がいた場所に立つ気配を見上げた

 相川は、ブハッ! と川の中から顔を出して立ち泳ぎをし、優樹が見上げている反町を睨み付けた